自分の人生だから

前お母さんに
ゆうちゃんが亡くなった頃言われた言葉。
これからは娘の為に生きていきなさい。


闘病生活8か月。
そしてゆうちゃんが亡くなってぽっかり空いてしまった穴。


母の言う事もわかりますが
私の人生なんだよな…そう思いました。


闘病と言っても私は特に何をしたのかわかりません。
ただそばにいて三人で普通に過してきただけです。


でも普通にしていたからこそ
ゆうちゃんがいなくなった事に対する不安感は
半端なかったです。
娘の手術やら
あまり得意でない本家との付き合い。
ゆうちゃんは結構のどかなところの人だったので
近所の付き合いやら親戚の付き合い色々な行事
沢山ありました。


それらを今度からやったりしないとダメで
不安だらけでした。


今でこそ娘も大きくなりある程度
やってはくれるけどその頃はまだ子供。


そして生活に対しても不安でした。
後々書きますが消えた年金問題。


結局最後は自宅売却でした。