障害

毎年夏にある某テレビ番組
私個人的にはみません。嫌いな番組です。


障害があるのにこんな事が出来る。
障害があるのに・・


障害があるからといっても出来ない事ばかりではないはずです。
確かに一生懸命練習したりして完成した事は素晴らしいと
思うのですが。障害ってくくってほしくないです。


同じ人間。少しだけ違うかもしれないけど
そして普通ってなんだろう。一般的ってなんだろう。


同じ人間なのになってつい思ってしまします。


耳の障害はアジアの人には多いんですよ
口蓋裂は500人に1人の割合でおきます。
医者に何度も説明されました。だから特別な事ではないって
いう意味だったのかも。
でも、、、、私にとってはたった一つの命。
統計なんて必要ないし
どんな目を向けられても娘にはそれを負い目として
受け止めるんではなく
ゆうちゃんが常にいっていた
「笑顔を忘れるな」
そんな風にこれからも生きてほしいなって思います。


娘がまだ小学校中学年の時
幼馴染のお友達と喧嘩になって泣きながら帰ってきました。
どうしたのか聞いたら
「タヒネ」「化け物」と言われたと。
タヒネの意味がわからなく聞いたら「死ね」って事だよって。
化け物という言葉よりタヒネに驚いてその子のうちに行きました。
お友達にあれこれと私も感情的になって怒ってしまいましたが
簡単に死ねは言ってはいけない事・・
どのくらいその子が理解できたかわからないけど。。


今年成人式を迎えました。式場で久しぶりにその子と対面しました。
赤ちゃんを連れていました。18才でママになるのが夢だったと
本当にママになってました。
ただ父親はいません。。誰の子かもわからないそうです。
そしてその赤ちゃんは
右目に月の形をした「青い何か」があって
右は見えないらしいです。左も今は見えても成長と共に見えなくなる
らしいです。


そのお友達と話しは私はしてませんが
あの時の事、、思い出してしまいました。


ただ
うちの娘と彼女は今でも大親友です^^


ゆうちゃん
見えてますか?あなたの娘はこんなに立派になりましたよ。
もう成人です。ずっと娘といたかったよね。
お空からでなく隣にいたかったよね。





ゆうちゃんに会いたいな。。